当院の診療内容

  • インプラント外来
  • 入れ歯外来
  • 白い歯外来
  • 歯周病外来
  • 歯の神経の治療
  • むし歯の治療
  • 歯並びの治療
  • 当院からのメッセージ
  • コンセプト
  • 医院案内
  • チーム紹介
  • よくある質問
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • メディア掲載情報
  • デンタルローンのご案内
  • リンク
  • パール歯科医院-大阪府 大東市トップページへ
  • 歯周病治療専門サイト
  • 大東市歯科求人・パール歯科医院 求人サイト
  • 歯医者de・Go!

パール歯科医院・提携医療機関

  • よしかわ矯正歯科クリニック
  • 尚クリニック
  • 大阪歯科大学付属病院
  • 津の辺整骨院
  • 医療法人橋本医院
  • アサヒペットクリニック
  • QUATRE TEUILLES
  • AQBインプラントシステム
  • BIOHORIZONS
マイクロスコープ・CT

・インプラント手術室完備 見えない治療から見える治療へ あなたにあった痛みのない先端歯科医療があります

パール歯科医院での診療の流れ
パール歯科医院での診療の流れ

パール歯科医院での診療の流れの図


日本の歯科医療環境
日本の歯科医療環境

歯科医院は増加しているのに何故?

歯科医院は増加しているのに何故?

今現在、日本にはコンビニエンス・ストアの2.5倍と言う数の「歯科医院」が存在しています。
厚生労働省(旧厚生省)の統計では1970年くらいまででは、国民人口10万人に対する歯科医師の数は、おおよそ35名ほ どでありました。

ところが1975年頃を境にその数は急増し、2000年に至って「約70名」を超え、現在ではおそらく 10万人の人口に対して75名を超える歯科医が毎日診療にあたっている事と思われます。
30年昔から比べるとその数は「倍」です。

ところが、我々日本人の1人あたりの「健康な歯」の平均数は70年代ではおおよそ15本であった ものが2000年にはなんと、 12本を割り込むところまで「減少」してしまっているのです。

これは一体、どうしたことでしょうか?

全国民人口10万人に対しての歯科医師数、日本人の健康

な歯の平均数の図


今までの日本の歯科医療
今までの日本の歯科医療

8020運動」と言う事が言われています。
これは旧・厚生省や日本歯科医師会などからの提案で、80歳になった時に最低でも20本の「歯」を残しておこう、とい う取り組みの一つでした。
しかし、現実は80歳の時点では「6本程度」の歯しか残ってはいません。

では、この30年間、歯科医師はまったく仕事をしてこなかったのでしょうか?
日本中の患者さんは「歯の健康」に全く無関心であったのでしょうか?

実際はむしろまるで「逆」で、歯科医は「小さなむし歯」を見つけてはその治療に明け暮れていたの です。

そして、患者さんも熱心に「治療」のために歯科医院に通い続けたのです。
けれども、そこからは「予防」と「メインテナンス」、「健康の増進 」という視点はスッポリと抜け落ちてしまっていたのでした。


予防中心主義へ~全ては患者さんの利益のために~
予防中心主義へ~全ては患者さんの利益のために~

なにが一体、本当に患者さんの利益につながるのか?
わたしたち「パール歯科医院」ではこのような現実を見据えて、従来の一般的な「治療中心主義」の 医療から、一生涯を通じた健康を維持出来る「予防中心主義」の医療へと大きく舵を切りました。

これは私たちの診療所だけではなく、本当は日本中、世界中の歯科医院で取り組んでいかねばならない事であるに違 いありません。

でも、現実は?

私たちパール歯科医院では、本当の健康を手に入れて頂くために「予防中心主義」の歯科医療を 皆様にご提案させて頂きたいと思います。

ページトップへ

このページの先頭へ