当院の診療内容

  • インプラント外来
  • 入れ歯外来
  • 白い歯外来
  • 歯周病外来
  • 歯の神経の治療
  • むし歯の治療
  • 歯並びの治療
  • 当院からのメッセージ
  • コンセプト
  • 医院案内
  • チーム紹介
  • よくある質問
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • メディア掲載情報
  • デンタルローンのご案内
  • リンク
  • パール歯科医院-大阪府 大東市トップページへ
  • 歯周病治療専門サイト
  • 大東市歯科求人・パール歯科医院 求人サイト
  • 歯医者de・Go!

パール歯科医院・提携医療機関

  • よしかわ矯正歯科クリニック
  • 尚クリニック
  • 大阪歯科大学付属病院
  • 津の辺整骨院
  • 医療法人橋本医院
  • アサヒペットクリニック
  • QUATRE TEUILLES
  • AQBインプラントシステム
  • BIOHORIZONS
マイクロスコープ・CT・インプラント手術室完備 見えない治療から見える治療へ あなたにあった痛みのない先端歯科医療があります

歯内療法(根管治療) 歯内療法(しないりょうほう)=根管治療(こんかんちりょう)とはムシ歯が大きくなりすぎて、穴を埋めるだけでは治療出来なくなってしまった時におこなわれる処置の事です。
歯内療法(根管治療) 歯内療法(しないりょうほう)=根管治療(こんかんちりょう)とはムシ歯が大きくなりすぎて、穴を埋めるだけでは治療出来なくなってしまった時におこなわれる処置の事です。

俗に「神経を抜く」とか「神経を取る」などと言われている治療の事ですが、実際には歯の神経(正確には歯髄=しずい)には神経組織だけではなく毛細血管やリンパ管なども含まれています。
神経を取り除いてしまうとその歯に「栄養分」が来なくなってしまいますのでいわゆる「枯れ木」のような状態になってしまいます。
神経のある歯を生活歯(せいかつし)、神経の無い歯を失活歯(しっかつし)と呼ぶのはこのためです。

でも、たとえ神経を取る(抜髄=ばつずい)必要があったとしても治療自体がしっかりときちんと行なわれていれば心配には及びません。
もちろん神経を抜かずに済めばそれが一番良いのですが、適切に治療されておれば普通の歯とほぼ同様に長持ちさせる事が出来ます。
但し、咬む力に負けないように歯に補強(支台築造=しだいちくぞう)を入れたり被せ物(クラウン)を被せたりしてその歯が欠けたり割れたりしないように工夫しなければなりません。

治療には清潔度、精密度 正確さと時間が必要で歯科の治療の中ではもっとも難しい処置の一つでもあります。

当院独自のマイクロスコープを使用した治療例です。

さらに当院では、最適な治療を行うためCTを設置しております。
CTは様々な場面で患者様に大きなメリットを発揮します。例えば、歯の神経の病気が原因で、歯の根の先にできた病巣の広がり具合を立体的に観察することも可能なため、 レントゲン写真だけではできなかった正確な診断と最適な治療を可能にしています。

CT撮影後の様子 最新CT導入

CT撮影後の様子 最新CT導入特に、早めに治療を受けられることによって、患者様自身の負担が大きく異なってきます。

ご相談・ご予約は随時下記より受け付けております。

ご相談・ご予約はコチラ
ご相談・ご予約はコチラ

ページトップへ

このページの先頭へ